08.4
12

英語脳って?

by hiro39planning55 ·

旅行から帰ってきてから、ちょっとだけ意欲的な自分がいます。

やっぱり、実際の自分の英会話のできなさ加減を、身にしみて思い知ったからでしょうね(笑)

そういう、頭を打つという経験が、何事にもレベルアップするためには必要なんでしょう。

では、さらなる上達のために、何が必要なのか?

学生の時のような、単語帳の表と裏に英語と日本語を…といったようなことではないと思うんです。

頭で日本語で考えて、それを英語に訳して初めて口から出るという英会話じゃなくて、英語そのものでいきなり考える脳みそを目指さないといけないなあ…それしかないなあと思います。

そんなことを考えていたら、興味深いものを発見しました。

カランメソッドって聞いたことありますか?

イギリスで生まれた英語学習メソッドで、通常の4分の1の早さで英語を学習できるらしいんです。

それが本当だとしたら、すごいことですよ!

…私みたいな、どちらかと言えばもう収縮に転じているような脳みそでも、可能なのかしら?(笑)

私も初めて知ったんだけど、英語の試験のひとつにケンブリッジ英検というものがあって、これが普通の英検よりも難易度が高い英検なんだそうです。

その英検に合格するのに必要な学習時間数が、カランメソッドによる学習だと、4分の1の時間でクリアできてしまうということなんです。

私が何より惹かれてるのは、日本語を英語に翻訳するという作業をせず、ダイレクトに英語で考える「英語脳」になれるというところ。

私に一番欠けてるのがこの「英語脳」…習得なしにはレベルアップは遠い。。

本腰を入れて検討してみるか!

 

 

Leave a Reply