Archive for the ‘英語’ Category

12.4
13

あまり好みじゃない、という英語表現

by hiro39planning55 ·

よく好きな曲をYou tubeで見つけたら友達に紹介したりするのにTwitterを使ったりします。Twitterは140文字という制限があるので言葉をいやがおうにも厳選することになって勉強になったりもするんです。
日本語のTwitter利用者はそれこそ、ヘタすれば日記くらい書ける気がするんですが、単語によっては非常に文字数を食う英語では140文字ってかなり制限かかってきますよね。
Twitterの140文字制限に「つぶやき」という意味が強く出るのは英語圏を始めとする他の言語環境の人たちなのかもしれない、と思うことがあります。
で、今日は好きなバンドの曲でも
「あんまり好きじゃない」
って曲ありませんか?
いろんな曲がありますから、もちろん好きなバンドですし
「嫌い」
とまでは行かないんです、でもこうなんというか日本語でいうところの
「あーんまり好みじゃないんだよなあ、この曲」
っていう表現。それをツイートしてみようと思って試行錯誤していました。
英語ではどんな言葉がいいのかなあ、と考えてまして

「I hate this song」
は全然違って。これじゃあ、どちらかというと「大嫌い」くらいのニュアンスですよね。
じゃあ
「I don’t like this song」
かと思ったんですが、これもまたニュアンスとしては強すぎるような気がして。
大、まではつかないですが「嫌い」くらいの訳にはなってしまうのかなという気がします。
で、結局渡しが選んだのは
「Not prefer this song」
まあ、「好む」というゆるい表現を、否定した感じですかね。
思ったとおりに通じているのかは・・・少し疑問ではありますが(^_^;)。

11.10
13

ディクテーション以上にリスニングに効果的なのは?

by hiro39planning55 ·

ディクテーション、ってご存知でしょうか。
英語の勉強をしたことがある方ならもちろんご存知でしょうかね。
簡単に言うと聞き取りっていうやつですね。
聞いた英語のそのまま英語で書き取る。
これに特化した英語勉強サイトさんなんかもありますね。
一時期時間をかけてやってたんですけど、最近めっきり訪れなくなりました・・・。
先日の海外旅行で自分の弱点が、明らかにスピーキングではなくリスニングだと気づいていて、色々と勉強方法を探るのですが、なかなか見つかりません。
そこで思い出したのがディクテーション。
実はやらなくなたきっかけが、「アナウンサーみたいな、勉強用音声を聞いててもなあ・・・これってどっちかというと単語の綴りの勉強ではないのだろうか」
と思ったことでした。
生の英語を聞いて、しかも言葉を全部英語で書き示してくれる、そんなものがあればもう少し上達するのかな。
そういえば、いろんな動画を英語で起こしてくれているサイトさん、あった気がする!
それは確か、そのあと自分で発音するっていう方式だったんですけど
英語の表記があるので、自分の聞き取り力の修正にもなるかな。
あと、洋画を見る。字幕はDVDなどでは英語と日本語と選べた気がするので、それも有効活用できるかも!
思ったよりは発音が通じた分、返してくれる英語の意味がわからないのは辛かったです・・・。
もう一度、頑張ってみたいと思います!!

10.1
13

英語圏のハロウィン文化

by hiro39planning55 ·

日本にはない文化、ハロウィンの季節がやってまいりました。
ないとはいえ、最近ではお菓子屋さんからテーマパーク、雑貨屋さんにカフェと、色んな所でハロウィンを感じるようになってきましたね。
なんでも、日本でいうお盆のようなイベントらしいです・・・。

うそー!
って思いませんでしたか?(笑)
あんな陽気にコスチュームを着倒してパーティっていうイメージが強いからかも知れませんが
本来は死者の霊がが親族を訪れるというものらしいです。
おお、確かにそれはお盆(笑)。
ただ現在はほとんど本来の意味は失われていて、ただ民間行事として仮想するイベント的なもので残っているそうです。
で、一応仮装する意味は多少本来の意味を引きずっていて、仮想して姿を化けることで悪霊から見つからないようにする・・・というのが元はあるそうです。
本当かな(笑)
今ではただのコスプレ会かみたいになってますけど(笑)。

で、子どもたちは「Trick or Treat!」と言って近所を回ってお菓子をいただける楽しいイベントだそうです。
この訳が
「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」
といつも、どこのサイトでも訳されているんですが、どこか違和感を覚えます・・・。
直訳すると
「いたずらか、おごるか」
という感じなんですが(笑)。
私がもし訳をつけるなら
「いたずらか、お菓子くれるかどっちがいい??」
くらいじゃないでしょうか(笑)。

まあでも本来の意味はともかく、ポップでおしゃれなイベントは取り入れていく、日本らしいいい傾向ですね(^^)

09.14
13

音声の教材で英語力は伸びるのか

by hiro39planning55 ·

友達が私が突然始めた英会話に興味を持ちだしていまして、彼女は海外旅行が好きなんですがまあ大体は大阪弁で押し切ってきたようなんですが(^_^;)。
さすがによく行く、となるといろいろ興味が湧いてきて、学生時代以来の毛嫌いをしていた英語も話せたらいいんだろうなという結論に達したようです。
私は、自分がオンライン英会話でよかったなと思っているところが色々あるので・・・たとえば、通わなくていいとか(笑)。
暑い日や寒い日に絶対モチベーション下がって、果てには1度休むと行きづらくなって・・・
と答えは見えているので、昔で言うお茶の間留学ではないですが、家でできるのって最高!って思ってるんですけど(笑)。
彼女は
「もっと楽に習得したい!」
と思っている様子。ええ、だれでもそうでしょう。そういうときに気になるのは「聞き流すだけ」のスピードラーニングという教材。
石川遼くんのCMで有名な教材ですよね。聞いてればいいというあれです。
まあ、実際それだけで話せるようになるかは別として、とっても楽に話せるようになるような雰囲気はあります。
ただ、彼女は少しひねくれているので(笑)、他の教材を見つけてきました。
「スピークナチュラル」
という教材。同じように音声の教材みたいなんですが、まあ同じものなら発売する意味がないので、いろいろと工夫してあるのだとか。
「どっちがいいと思う?」
と聞かれて、スーパー返事に困ったんですが(爆)、とりあえず比較サイトさんを見つけたのでおすすめしておきました。

スピードラーニング スピークナチュラル

さて、どっちを選ぶのか・・・というか本当に始めるのか?見ものです(笑)。

08.30
13

英語の丁寧語って?

by hiro39planning55 ·

日本語は難しい、敬語があるから。
というのはよく聞く話ですよね。
じゃあ、英語には敬語がないのか、というと
「◯◯といったほうが丁寧です」
というような説明は意外とよく聞く話です。
たとえば、「その曲が聞きたい」という場合でも
I want to listen to the song
というよりも
I would you like to listen・・・
とするほうが、「丁寧」だそうです。でも、この丁寧という言葉が非常にクセモノだなあと思ったりするわけです。
私達日本人だと、初めてメールするときは常に敬語だし少なくともすべては「丁寧語」ですよね。
でも、ネット上のやりとりや、今までにしたことのあるメールのやり取りなんかを見ても、そんな言葉はほとんど出てこないんですよね。
つまり、そのみんなが無礼なのではなくて、「丁寧な言い回し」だけど、そんなに頻繁に使う日本人の思う丁寧語とはまた意味が違うんじゃないかってことです。

こうなってくると文化の話になってくるので、なかなか難しいのかなあと思ってしまうのですが
ただ、初めてメールするときなんか相手に不快感を与えたくないので、いろいろ工夫して書くんですが(ということを考えて書いている時点で、失礼な英語は出ないから大丈夫のような気も・・・)
どのへんまでが「丁寧」なのかという話程度は理解しておきたいかなあ・・・。
過去の友達にもらったメールもこうなると教材なので読み返しつつ、勉強してます。

08.11
13

英会話レッスン録画で復習

by hiro39planning55 ·

Skypeって使ってらっしゃいますか??
私はえらく早くにダウンロードはしていたんですが、使う機会もなく長く置いておりました。
で、オンラインの英会話で勉強を始めてやっとまめに使うようになりましたが、結構便利ですよね。
今は、遠くにいる友だちの会話にも使ってます。LINEとかいう手もありますけど、慣れているのもあるし充電も気にしなくていいし、ヘッドセットでやってるんですが楽なので。
いくら話してもも無料というのは助かりますね。
あと、当たり前のようですが、海外の人と普通に電話できて無料って奇跡的!
今度すごく大事なSkypeの電話がある予定で、録画をしたい!と思って色々調べていました。
有名なのはTapurというソフトで、無料。Macでなければ、あと古すぎるWindowsでなければ使えるみたいです。
これがあれば、英会話のレッスンも録画まるごとできちゃうんですよね!
早くに知っていればすごいライブラリになったのに。でも、これからはカランのレッスンとか撮ってみようかな、と思いました。
あとでまた勉強出来ますよね。
カランは英会話のレッスンの中でも高速なので、その場ではもうフル回転で脳みそ動かしてやってるんですが、すぐ30分終わっちゃって、何話してたっけ?というようなこともあります(笑)
カランは復習が大事と言われているので、自分ではテキストを読み返したりしますが、音声があると助かりますよね。今度から使ってみようっと

08.1
13

Twitterで表現力を増やしてみる。

by hiro39planning55 ·

私にとってはTwitterやFacebookは英語の勉強にとって欠かせないものです。
英語を無料で勉強できる情報を流してくれる人をフォローしたりして
イディオムや言い回しを覚えるのに使わせてもらったり。
単純に海外アーティストのファンで、情報がほしいだけなんですがフォロワーが英語ばっかりなので、
日常的に英語を目にしない日がない、っていうそのことだけでも十分私にとっては意味があると思っています。
しかも、140文字と決まっているTwitterはなかなかクセモノです。
まず伝えたい文章を考えるんですが、普通に考えたらまあ140文字は超えるんですよね。
日本語の140文字って日記くらい書けると思うんですけど(笑)、英語の140文字って本当に少ない。だから、Twitterの持つ意味って実は日本人にとってと、英語圏の人にとっては違うんじゃないかとさえ思います。
で、140文字超えちゃうとツイートできないから、そりゃあいろんな表現を考えるわけです。
たとえば「ツアーが楽しみだよ」っていう言葉だったりすると
「I’m looking forward to go the tour」
とかがまず思いつくし、間違いないんですが長いし、もしかしたら少し堅苦しいかもしれないし。
で、海外の皆さんの表現も参考にしつつ、
「Can’t wait to see on tour」
まで短くしたり。待ちきれない!って感じですね。文字数の制限で無理やりいろんな表現を覚えたりするので、コレまた勉強になります。
完全に楽しみながら、なのでこれはオススメですよ。

07.13
13

とにかく英文をたくさん読むということ

by hiro39planning55 ·

英語の勉強がてら英語の小説を読んでます・・・。
というとなんかすごく聞こえるかもしれないですが、実はファンフィクションというものです。
聞いたことありますか??
まあ、簡単に言うと、ファンが書く妄想小説のようなものです(笑)。
でも、私にとっては知っている人(好きなアーティスト)が登場するラブストーリーだったり、サスペンスだったりするので、とにかく興味が続くので読みやすいです。
あと、小説家の人のものにも読みやすい物はあるかもしれませんが、基本的に上手な人もいますが本職ではないので、作者さんが無駄に難しい言葉を使うこともないです。
例えば文学作品よりも、少女小説くらいのほうが、きっと日本語勉強中の人には読みやすいだろうなと思いませんか?
そういう感じで、一般的な英語なのである程度の推測とかそういうので読み進められる範囲の英語です。
子供が読むようなペーパーブックとか、英語の勉強にいいと聴きますが、そんな感じでしょうか。

でも、iPodTouchとかにデータで入れて持ち歩いていると、とにかく驚かれます。
英語読んでるから(笑)。
翻訳サイトに文章まるごと入れて訳してもらわないとわからない、というようなことはなくなりましたし、推測する力もついてきました。
推測、って正解じゃない、って思うかもしれませんけど、日本語だって100%わからないこといっぱいありますよね。
結局は前後の脈絡から推測して理解していると思うんです。
英語でも、結局半位ホンゴと同じようなことが出来れば進歩だと思うので、返し読みだけは絶対しないように心がけて、これからもたくさんの英語に触れていけたらいいなと思っています。

 

07.3
13

フリーカンバセーションの重要性

by hiro39planning55 ·

英語のオンラインレッスンを今日も受けて来ましたー。
一応、カランメソッドというプランを続けていて・・・るはずなんですが、仲のいい先生がいてついつい最初のフリーカンバセーションが長引く今日このごろ(笑)。
今日は、日本の俳優とかドラマとかの話で大盛り上がり。最後までカランの文字は出て来ませんでした(笑)。
でも、それも勉強だと思うのです。
すべてカランクラスで予約しているので、逆にフリーカンバセーションってこういうことでもないとしないんですね。
彼女は韓国のドラマに詳しくて、同じように少し日本のドラマとかも見ていて
「あれ、知ってる?」
「あの俳優・・・名前なんだっけ?」
から始まって、どの俳優は好きだとかどこが好きだとか。私があまりドラマは見ないと伝えるとどうして見ないのか、とか。
やっぱり自分で考えてその瞬間話すということが英会話で一番大事だと思うので、予習復習しながら進むカランで脳を鍛えつつ、こういう普通の会話で実践するのも大事だな。と思いました。
私は日本のJ-POPは聞かないので、逆に彼女のほうが詳しくて
「なんで知らないの?」
と言われることも多いですね。あと海外輸出されているアニメとか。向こうからすると知ってる日本の文化がそこなんですが、私はアニメとか知らないので・・・それも英語で説明するんですね。
「名前しか知らない!」
I know the title of anime but I don’t know details
とか、ちょっと文章で返せるようになったなあ、とフリーカンバセーションでわかります。
何より楽しく続けられているので、それが一番かなとも思っています。

06.14
13

勉強の進捗度の指針は?

by hiro39planning55 ·

TOEICっていうのは知らないかたはいないと思いますが、英語の実力テストみたいなものですね。
私、英語の勉強を始めたのがそもそも海外のアーティストのインタビューが聞き取れるようになりたいという、まあ究極に不純なものだったので(^_^;)
英語の実力もわからないまま始めましたし、ただその「聞き取りたい」が知るうちに友だちが増えたり英語を「話したい」に変わっていって、本格的な英語の勉強に移行しただけだったので
数年間一度もTOEIC受けることがないまま、自分の実力がわからないまま闇雲に勉強して来ました。
それもどうか、と思い出しまして。
一度受けに行ったことがあるんですが、まあ結果は対策という勉強方法を一切していなかったので、見事玉砕・・・でしたね(・_・;)。
でも、もちろん良い点が取れればそれに越したことはないはずなんですが、なにか英語の理解力と少し違うところに対策はあるような気もして。
全くそれもしないまま、出題方法とかはもちろん下調べして行きましたし、ネット上の模擬試験みたいなものは見ていましたが、もう少しテクニックは必要なのかな、と思いました。
今度もしチャレンジすることがあれば、少しは『TOEIC対策』をして方受験した方がいいな、ということは思いましたね。
指針にはなるんですが、結局渡しが求めチエるのは本当に友達英語で話せることが重視なので、結局Twitterとかでのやり取りが勉強になります。
海外の友達が
「本当に前に比べて英語上手になったよね!」
って言ってくれる言葉のほうが、私にはいい指針なのかもしれません。